ライブレポート〜辰巳浩之4

2012.12.21 Fri

ライブレポでーす。

12/20/2012
辰巳浩之4
@東京倶楽部目黒店



ds: 辰巳浩之
p: 蕪木光生
b: 古木佳祐
ts: 平子健介

かねてより宣伝してました新プロジェクトのお勧めライブ!
楽しかったです。

楽しかったけどちかれたー。
体力より精神的に疲弊したよ・・・。
みんなの超絶オリジナル曲とスタンダードの変態アレンジ・・・。
難しいのなんの・・・。

7拍子でグルーヴできるようにがんばる!
ii-V以外のコード進行でももっと自由になれるようがんばる!



いやー、このメンバーほんとにすごいぜ。
全員ゲキウマ。なんでもできるよ!超楽しい。嬉しい。
リハ一回だったからねー。もうちょっとやったらなんかアンドロメダの彼方まで行けそうな気がするよ。

2,3ヶ月に一回ずつライブを重ねていきたいなと思っております。
ぜひまたよろしくお願いします。
オリジナル書くぞ!!

いつものおれのオリジナルも違うメンバーとやるとここまで違うもんなんだなー。
あー、楽しかったー。



お客さんもすごくいっぱいでうれしかったです。みなさんほんとありがとう。
カブ門下の美女たちもいっぱいで張り切っちゃったぜ。

もっくん、師匠、チエミ、すずきさん、長岐さん、長岐さんのお友達、ジャンク中村、リバースパンツ越前、ドタサン後輩約一名、
みんなありがとうね。
みなさんともっといっぱいお話ししたかったですよー。
またいらしてくださいね。



そうそう。
最近気がついたことなんだけど、おれのオリジナルのKirinな。

おれの数少ないオリジナルなんだけどさ。
最近、テーマを吹いただけで(ソロ行く前に)拍手がもらえるんだよね。
「へ??な、なに???」なんて焦っちゃうんだけどさ。

いや、なんかうれしいです。ほんと・・・。
あの曲は古い友達ジョージ(日本人)のために書いた曲なんだ。
彼にもらった曲なんだよな。
ジョージありがとよ。



   ++++++



ところで東京倶楽部目黒店の謎。

ここ久しぶりに出たけど、とってもきれいに改装されてました。
ほんと良いハコ。

しかし楽屋になぜかナウシカ全巻が置いてあるんだよね。
うーむ。超読みたい。
超読みたかったが読破するまで演奏できなくなると思い、今回は断念。

  1. 2012/12/21(金) 18:53:20|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Last Christmas

2012.12.19 Wed



【今週のトリビア】 山下達郎とジョージマイケルが街中に流れる季節になったのう。

あの「Last Christmas」って曲はコード進行がずーっとずーっと繰り返しで変わらないんだぜ!!
(I, vi, ii, V)
変わらないであんな有名曲って逆にすごいよなー。

まあ、P-FUNKとかマイコーとかもコード一発曲多いけどさ。サビは転調したりするじゃない。それも無いからね。
4度進行しててずっと同じってやっぱすごいよ。


   ++++++


さて、昨日はInnocrossingで今年最後のライブ。
いつもの新大久保Blueでした。



クリスマスソングをいっぱいやりましたよ。
良い曲が多いんだけどね、この季節しか演奏してもらえないってかわいそうな曲たちなんだよね。

そんでね、リーダーのご用命でLast Christmasも演奏したんです。
ご存じのとおり街中でかかっててかなり食傷気味でさ、むしろやりたくねえなー。うおー。
・・・なんて思ってたのですが、いざプレイしてみるとこれがなかなか。
沁みるメロディーで、すぐに曲の中にどっぷり漬かっちゃったよ。
やっぱり名曲なんだなあと、襟を正す思い。


おれねー、歌モノを吹くのって大好きみたいなんだ。
あー、楽しかった。

最近イノクロでよくVan MorrisonのMoon Danceなんかやるんだけどさ。あれも昔から大好きな曲でなー。
どんなJazz曲をやるよりも気持が入っちゃうんだよね。


この日はお得意様や常連さん、生徒さんなどすごい来てくださいました。盛り上がって楽しかったなあ。
すずきさん、タマミさまキミエさま、はしのさん、お連れの美人シンガーさま。カツミさん御一行。

みなさん、ほんといつもありがとうございます。
ぜひまたいらしてくださいね。



ワルノリしてお店のサンタ帽をかぶって演奏する。


   +++++


おまたせしました!
明日12/20は東京倶楽部目黒店ですっごいバンドで登場するよ。

ぜひどうぞ!


12/20、東京倶楽部目黒店
http://www.tokyo-club.com/meguro/schedule/index.cgi?d=20&m=12&y=2012


辰巳浩之グループ

ds: 辰巳浩之
p: 蕪木光生
b: 古木佳祐
ts: 平子健介

open: 18:30
1st: 19:30〜
2nd: 21:00〜
3rd: 22:10〜

木戸銭: 2,100円


新プロジェクトです!
文字通り首都圏のファーストコールプレイヤーたちが集うスーパーバンド。
御期待下さい。

  1. 2012/12/19(水) 16:31:32|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

Christmas Songs With Ray Brown

2012.12.17 Mon

Christmas Songs With Ray Brown / Ray Brown Trio




1. Away In A Manger
2. Santa Claus Is Coming To Town
3. God Rest Ye Merry, Gentlemen
4. It Came Upon A Midnight Clear
5. Little Drummer Boy
6. The Christmas Song
7. Rudolph The Red Nosed Reindeer
8. Winter Wonderland
9. We Wish You A Merry Christmas
10. O Tannenbaum
11. Jingle Bells
12. White Christmas
13. The Christmas Rap

Ray Brown(b), Geoff Keezer(p), Greg Hutchinson(ds, vo)

Dee Dee Bridgewater, Diana Krall, Vanessa Rubin, Etta Jones, Marlena Show, Nancy King, Kevin Mahogany(vo)

Russell Malone(g), Ralph Moore(ts)

Rec: 1999



久しぶりのディスクレビュー。
クリスマスだし、このアルバム行っちゃおう。

巨匠レイ・ブラウンの楽しいクリスマスソング集。
ピアノトリオをベースにいろんなゲストプレイヤーを曲ごとにフィーチャーするのは
「Some of My friends are....」シリーズに近いかもね。
でも本作はピアノトリオ録音も多く、インストも歌モノも楽しめる。

だれでもが知ってるクリスマスの名曲を、小粋に、楽しく聴かせてくれます。
えっと、ここが大事なところで、スーパーテク&グルーヴの結晶なんだけど、
押しつけ感もないし全然ヘビーじゃないのよ。
Jazz知らない人でも楽しく聞けること間違いなし。

なにがうれしいって、CDの中核となるピアノトリオ。
Ray Brown
Geoff Keezer
Greg Hutchinson

というメンバー。
おれぁこのジェフ・キーザーというピアニストが大好きなんだ。
バカテクですんごいことをやってるんだけど、イヤミが全然なくてね。
すごく好きなピアニストの一人。
何回か生演奏を見たことあるんだけど、クラシックの下積みがしっかりしてるんだろな、なんという印象。
バカテクなんだけど、すごく端正でエレガントなんだ。音数が多くてもそれを感じない。

(このころのレイブラウントリオはBenny Greenであることが多いからね。
あれ?違う!ジェフじゃん!とうれしくなってしまった。)


ゲストヴォーカリストは
Dee Dee Bridgewater
Diana Krall
Vanessa Rubin
Etta Jones
Marlena Show
Nancy King
Kevin Mahogany


と超豪華!

Dee Deeは相変わらず生っぽくて。いつものパワフルシャウトじゃなく絞り出すように。
Dianaはしっとりとエッチだし、
Marlenaは奔放にスキャットするし、
いやあー、ホント最高。

さらにゲストプレイヤーはギターにおれのダイスキなRussel Malone。
そしてテナーサックスに我が師匠、Mr. Ralph Moore!!
ネタをバラすと、Ralphを聴きたくて買ったんですよ。
そしたらもう一曲も捨てるとこのない極上アルバムで!


ジャズアルバムとして最高だからさ、年中聴きたいのよ。
だから夏場とかでもちょっと違和感を感じながら聴いたりして。苦笑。
でも今なら(執筆時は2012年12月)思いっきり大音量で掛けて、クリスマス気分も含めてCDの世界に入り込めるよ。
楽しくて、バカテクで、でも切なくて優しい気持ちにもなれちゃう、クリスマスの魔法がたっぷり。


このアルバム、アメリカではクリスマスシーズンに本屋やデパートでもかかってたなあ。
達郎もジョージ・マイケルもいいけどな。なかなかたまんねえ極上クリスマスソングズがここにあるぜ。

CD屋さんではもう売ってないかも!
Amazonが早いかもしれないよ。



*このレビューは書き下ろしです。
*他のレビューはこちら(現在39枚)

  1. 2012/12/17(月) 19:12:27|
  2. ディスクレビュー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

小三治師匠

2012.12.14 Fri

先週末は横浜で柳家小三治師匠の独演会を見てきた。
実に、実にすばらしかった。本当に心から震えた。
音楽も落語も「間」と「溜め」が最重要だなと痛感。

すっかり小三治師匠が大好きになって、Youtubeで映像を見まくっていた。
その中に、一ノ輔さんが真打になる時のインタビューがあったんだけど、実にしびれた。
落語家のみならず、すべての芸人が心に留めるべき、そしておれに完全に欠如したポイントについて語っていた。

小三治師匠にぶん殴られた気分だ。
師匠、おれはもっともっとうまくなります。






さて、この日の演目はまずは開口一番。三乃助師匠。
おれのダイスキな「棒鱈」!!
うひゃーーーーっ!!って大ヨロコビしてしまって周りの人に迷惑かけたのはぼくです。はい。

菊乃丞、喜多八両師匠の棒鱈を何十回と聴いて、もう丸暗記するぐらい大好きな噺なんですよ。

やっぱりアレンジも味わいもだいぶ違うよなあ!
面白かった!


そして大本命の小三治師匠。
超長いまくらは横浜・川崎の工業地帯、工場萌えブームを笑うんだけど、冷静に考えてみるとどうでも良い話なんだよねー。小三治師匠が話すだけでなんでこんなに面白いんだろ?

そして一席目の噺は「あくび指南」。
これもいろんな人の聞いたけどなー。すごい面白かった。
アレンジだけじゃなくて、登場人物など細部がやっぱりいろいろ違うんですね。これが落語の面白い所か。
残念なのは、広いホールだったから表情までじっくり見れなかったことだよ〜。
次回は寄席で見るぞ!


中入りのあと、二席目は「死神」。
これも大好きな噺。オチがいろんなバリエーションあるんだよねー。
ほとんどの人はちょっとおマヌケ&コミカルな死神さんなんだよね。
小三治師匠の描く死神はちょっと怖いんだ。こういう解釈というか演じ方の違いってのが面白い&すごいよねー。

この噺、出だしがね、夫婦ゲンカのシーンだったんですよ。
12月だし、おれはてっきり「文七元結」だと思ってうれしくてまた悲鳴を上げてしまったんです。ごめんなさい!


   ++++++


今回さそってくれたりょうへいくん、マサコ。
ほんとにありがとう!またぜひ見に行こう!
じっくり飲めなくてごめんね。
次回モツ焼きでがっちょり飲みましょう。


   ++++++


明日の日曜日12/16は東京倶楽部水道橋でInnocrossingワンマンです。
みんな来てね。

  1. 2012/12/14(金) 21:14:51|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

クラスリサイタル2012後期

2012.12.10 Mon

夏の思い出。いろいろ思い出して書きますシリーズ。



夏、と言っても10月ですね。
いつものヒラコサックスクラス発表会をやりました。

いつもどおりで蕪木一門との共同開催@用賀キンのツボです。
今回もいっぱいの生徒さんたちに楽しんでいただけたようでうれしいです。

今日は写真を中心にレポートしちゃおうかな。


ホストバンドは
p: 蕪木光生
b: 古木佳祐
ds: 辰巳浩之

どうです!この布陣!
関東のまさにファーストコールミュージシャンズがサポート!
ウマイ人たちと演奏するのが何より上達の秘訣です。いっぱい吸収してね!門下諸君!

このすごいバンド+ヒラコでライブをやりますよ!(後述)



写真は最後のジャムセッション。クラスで一番吹けるはしのさんとおれのバトル!






それにしてもカブ先生のところはお弟子さん多くてすごい!
美人が多い!演奏レベル超高い!

我が門下は非常に刺激になったと思います。



最後に集合写真。



わがクラスのみなさん。

ほんとみんな素晴らしかったよ。
転職して引っ越してクラス卒業された生徒さんまで、応援に駆けつけてくれました!こんなうれしいことはねえぜ。ばっきゃろー。ううう。


さらに打ち上げはカブ門下とみんなで終電までの7時間耐久飲み会!
と、トライアスロンより辛かった・・・。
でも、音楽家たちが集ったら楽しいトークはほんと尽きません。

いろんな職業や年齢やバックグラウンドのみなさんが集まって音楽トークに花を咲かせる。
うーむ、なんてすばらしいんだろう。


みなさん。へぼっちい先生でごめんね。
でも一生懸命やってっからよ。
一緒にうまくなろうぜ。

ほんと、教えることも発表会もすごくぼく自身の勉強になっててなあー。毎回毎回、非常に多くの刺激を受けます。
ぜひまたよろしくお願いします。


    ++++++


ヒラコサックス教室は生徒随時募集中です。

初心者大歓迎。初回体験レッスン無料。学割あり。
楽器選びもサポートします。
年に二回の発表会あり。
グループレッスン、ビッグバンド指導応相談。
日本語・英語でのレッスン可能。

良い音色とあなたの個性を大事にするまごころレッスンです。

詳細はお気軽にお問い合わせください。




    ++++++



さて!
そしてこの発表会のホストバンドである最強メンバーが集ってライブをやります!

12/20、東京倶楽部目黒店
http://www.tokyo-club.com/meguro/schedule/index.cgi?d=20&m=12&y=2012

open: 18:30
1st: 19:30〜
2nd: 21:00〜
3rd: 22:10〜

木戸銭: 2,100円


ぜったいお勧め!
お待ちしております。


  1. 2012/12/10(月) 20:46:30|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

夏の思ひ出

2012.12.05 Wed

この夏はねー。音楽もトラもそりゃもういっぱいイベントがあってさ。
思い出しながら順番に書くよ。


さて、まずは7/16。
ダイスキなバンド、nodamotoiのライブでしたー。
サイトはこちら

「海とフィンズとnodamotoi」というイベントタイトルでフィネガンズ・ウェイクとの2マンライブ。
その日、モナレコードは真夏の海の家になりました。
かき氷屋にヤキソバの屋台、ゴザにイルカの浮き輪だし、ステージにはハワイの寄せる波が映し出される・・・。



出演者のみなさんも「夏」の格好でお願いします、というわけで調子にのったおれは浴衣で参戦しちまったぜ。わはは。
浴衣で吹いたの初めて。なかなか好評でした。
(このライブの模様はnodamotoiオフィシャルサイトから見れます)


さらに極めて珍しいソプラノ登場!
曲のイメージでぜひ!とのことで引っ張り出してきました。
やっぱ難しいなあー。苦手とか言ってないでしっかり練習しようと誓うのです。


このバンドでは2012年の正月早々のライブもお手伝いさせていただいたんですけど、大変なハラクダシの悪条件で玉砕。バンドに大迷惑をかけてしもうたのです。
今回はそのリベンジができたかな。


ちなみにこのライブはnodamotoi新譜のレコ発でもあったのです!
「10x4 / nodamotoi」は絶賛発売中。10年の活動を経て、初のフルアルバムです。
ぼくも二曲に参加してますのでぜひ。




ちなみにnodamotoi、次のライブは12/30下北沢モナレコード。
CDも買えますよ。
ぼくは出れないのですがぜひどうぞ。



   +++++++



さて、そして時は2012年師走に戻ります。
つい先日、このバンドの新しいCDのレコーディングに参加させていただきました。
これもソプラノ登場!2曲でおれがサックス吹いてます。

今回のレコーディングはハマったなあー・・・。
ほんと歌モノってムズイのです。その世界を壊しちゃいけないからね。
気を使うけど、使いすぎて萎縮しちゃ台無しだし・・・。
ひええ。完成が怖くも楽しみです!

完成・発売は来年かな。詳細は追っておしらせします。



レコの様子。
いやー、メンバーのプレッシャーすごかった〜。





    ++++++



さて、明日12/6は立川ジェシージェームスでInnocrossingワンマンです。
ぜひどうぞ。

19:30〜
木戸銭2,500です。


  1. 2012/12/05(水) 20:18:10|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

Category


twitter

TweetsWind

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約