New Bossa Nova / Luciana Souza

2008.12.24 Wed





NYで超売れっ子のブラジリアンヴォーカリスト。Mrs. Luciana Souzaの最新アルバムです。
タイトルにあるとおり、おっ?という意外な曲をボサノバにアレンジしています。たとえば、スティーリー・ダン、ジョニ・ミッチェル、ジェイムズ・テイラーなどの曲。
なかなかニヤリとする渋いチョイスの数々です。

こういう企画って、ハービー・ハンコックの名盤「The New Standard」みたいだよね。

一曲目のジョニの曲で気がついたんだけど、ジョニの声にすごく似ているのですよね。英語で歌ってることもあるし。気がついてびっくりした。


このおばさま、じつはかなりの売れっ子。
NYのニュースクールで教鞭をとり、有名ミュージシャンとの録音も数知れず。
マリア・シュナイダーorch、ジョン・パチチュッチ、そしてなんとLos Angeles Guitar Quartetなど。まさにファーストコール。

ツアーも精力的に行っており、数年前ロサンゼルスで生演奏を聴いた時以来の大ファンなのです。
ギターとデュオでポルトガル語で歌われる歌はもう果てしなく甘く、官能的でした。
そう、おばさまだけど実にセクシーでしたね。


さて、このアルバムはと言いますと、一点残念なことは全曲英語で歌われていること。やっぱしポルトガル語じゃないとなーと思っちゃいました。
そしてバンドのメンバーはスコット・コーリー、クリス・ポッター、アントニオ・サンチェスなどジャズのスーパーヒーローたち。

なんだよー。せっかくのLucianaの歌声をアメリカ風に料理すんなよー・・・。
クリス・ポッターなんてダイスキだけど、この作品には彼のソロもとってつけた感じ。ちょっと残念。

・・・と、思いきや、ゆるいボサのビート、静寂なんかが伝わってきてブラジルの香りがたっぷり。
かなり気に入ってしまったぼくの負け。

極上ボサノバアルバムです。
ありがち企画のありがちCDになってないところがすごいしね。
アメリカンな土俵でもその実力を見せ付けてくれました。

  1. 2008/12/24(水) 11:36:14|
  2. ディスクレビュー|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khirako.dtiblog.com/tb.php/26-beadfe78

モンクレール アウトレット

ヒラコラム 〜今週の使えるii-V New Bossa Nova / Luciana Souza
  1. 2013/12/17(火) 05:28:47 |
  2. モンクレール アウトレット

プロフィール

Category


twitter

TweetsWind

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約