世界を平和に

2011.11.22 Tue

ふと立ち寄ったツタヤになんとずっと聴きたかった喜多八師匠のCDレンタルが!!
ひえええええ!!
超うれしい!!!
た、楽しみすぎる!!!


最近おれ、噺家さんたちを音楽家にたとえるのが楽しみなんだけど、喜多八師匠は誰だろな?う〜〜〜む。
やる気なさそう・・・だいじょぶかしら?と思わせておいて最後はハンマーパンチの雨あられで聴く者をボッコボコにする。
だれだろう・・・。ベースのアヴィシャイ・コーエンとかかなあ。
トランペットのデイブ・ダグラスと彼のバンドもそんな感じかもね。


   +++++


いやー、実は先月ね、大手町落語会って、日経新聞主催の落語会に行って来たんですよ。
人生初生落語。
しかも名人ばかりでもう死ぬほど面白くって。

このレポートもしっかり書きたいと思ってるんだけどねー。
少々おまちくださいませ。


   +++++


さて、今日は五代目古今亭今輔師匠の新作落語、「ラーメン屋」を聴いたのです。

じつは以前、五街道雲助師匠の「夜鷹そば屋」を聴いてとってもすばらしくてさ。
この作品ってのは実は「ラーメン屋」の改作だったのです。
それで今回聴いてみて、改めてジーンときてしまったのですよ。


そう。実は雲助師匠が一発目だから、そっちの印象が強くてなー。
そっちメインの話になってしまいます。

「ラーメン屋」も「夜鷹そば屋」も人情話。
冷静に考えてみると、実にありきたりで、どうでもいいあらすじなんですよ。
むしろ、そんな奇麗事言うんじゃねーよ。へんだ。
・・・と思ってしまいそうなぐらい。

しかし!
おれはほんとに涙をしてしまったんです。
良い噺はいっぱい聴いてるけど、ほんとに涙があふれてしまったのは初めての体験だったんだよね。

そう、どうでもいい話を、しかも音声だけで人をここまでここまで感動させられるって、噺家さんってのは悪魔の使いなんじゃなかろうか?
登場人物の描き方の違い、セリフの間、リズム、すべてが完全無欠。
世界が見えるんだ。

そう。生の高座じゃなくてラジオだったんです。もし生で聴いてたらおれ、完全に号泣してたよ。
今更俺が言うまでも無いけどさ、これ、ほんとにすごい芸術だよ・・・。

そして、音楽家として学ぶところがほんとに多い。
All The Things You AreもStella By Starlightも古典落語だ。
これに命を吹き込み、客を泣かせるのは噺家さんの、そして俺の仕事だ。

BluesとかRhythm Changeなんて、「時そば」か「ジュゲム」だな。
当たり前すぎる基礎の基礎。でも基本にして究極。
クソにするのも大芸術にするのも演者次第。
達人がプレイするならたちどころに客席は歓喜の渦となるのだ。


   ++++++


話は戻るけど、こういう「夜鷹そば屋」のおじいさん、おばあさん、食い逃げのにいちゃんみたいな人が増えれば、世界は平和になると思う。
無差別殺人とか、幼児虐待とか、引きこもりとか、そんなものぁこの世から無くなるんじゃねえかと思うよ。

人を思いやる心とかさ、人生で大切なものってみんな江戸時代から語り継がれてたんだよ。
すげえことだぜ。そんなすばらしい国なんだなあ。なんて。


あ、ラーメン屋は新作だったね。
わははは。

でも、「文七元結」や「妾馬」とかにも、人生の秘訣っていっぱい詰まってると思う。



   ++++++



と、言うわけで次のライブは26日(土)渋谷ルミネマンのイベント。
18時からの予定です。
CD即売もありますよー。
ぜひいらしてください。

  1. 2011/11/22(火) 01:26:25|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

河口湖100キロマジトレ

2011.11.18 Fri


先週の日曜はソウルブラザーと河口湖にマジトレ行ってきました。
実は月末に出場するレースのためのトレーニング&試合を想定した本気の練習です。

http://fujinokuni-cycle-fes.com/
なんと、開通前の新東名高速を走っちまおう!というなんとも大胆にしてナイスな企画。
マジレースカテゴリもあれば、富士山を眺めてのサイクリングカテゴリもあるのです。

ぼくと仲間たちが出場するのは100キロロードレースカテゴリ。本気です。
こいつに向けてどこまで持っていけるか?という限界に挑戦。です。

なんといってもかなり厳しい足切りがあるそう。
トップから5分遅れたら脱落!失格!
・・・だそうですよ。

5分遅れた瞬間高圧電流が襲う!
または首輪に取り付けられた小型爆弾が炸裂し、確実に頚動脈を断ち切る!


・・・・ということは無いことを祈りますが。


   +++++


さて、そのレースを想定した河口湖トレ。
周回17キロの湖畔コースを6周。102キロ。
渾身の力を込めまして、極限に挑戦いたしました。

・高低差ほとんどなし
・コースの20%ほどは観光コースで大渋滞。全然飛ばせない
・風:ちょっとあり。北岸やや向かい風。南岸やや追い風。
・休憩なし
・補給:水、500mlボトル一本。ウイダーゼリー2本。ソイジョイ1本。
 (これは足りなかった・・・。愛車はボトルケージ1個しかつけられないので工夫しないと。)

・平子の体調:今までで最高ぐらいに絶好調!
 睡眠十分。二日酔いなし!
 (これが非常にでかかったと思う。いったい何年振りか。)

・スタート直前、おれのマシンを持ち上げて、気の毒そうに
 「ふゥ。カーボンマシン買ったら?」
 という義兄弟の挑発で猛烈に闘志に火が付く。


ラップタイムと平均時速。
1: 0:33:33 avr spd: 30.9 km/h
2: 0:34:04 avr: 30 km/h
3: 0:34:08 avr: 30 km/h
4: 0:38:08 avr: 26 km/h
5: 0:41:14 avr: 24.9 km/h
6: 0:42:46 avr: 24.3 km/h

total: 3:43:54 avr. 26.3 km/h


GPSログはこちら

消費カロリー:2,733


うーむむむ。
どう評価していいのかわかんないや。
でも、意外と35〜40km/h巡行をかなり長くできるというところに気が付きました。うれしい。
平地だとケイデンス85ぐらいかな・・・。やはり90に持って行きたいところか。
しかしこのペースだと65キロを超えたあたりで足を使い果たした感じです。
ご覧のとおりてきめんにタイムが落ちました。

第二東名に通用するか?というと微妙なところかなー・・・。
本番では集団&渋滞なし&路面コンディション最高なので、
うまく立ち回ればいけるか・・・という感じでしょうか。
おれ、集団苦手だからなあ。ううう。

ハンドル、サドルのポジション出しを「高出力・スプリント維持」に設定。
ほぼ全行程ドロップポジション。
時々エア・エアロポジション。(ブラケットに肘を置いてエアロポジションを模し、高速巡航する平子の必殺技。)

このポジションで100キロ無休憩マジトルクはさすがにきつかった。
でも意外と下半身のダメージは皆無。
しかし上半身の負担がすごい。肩、クビがバッキバキになりました。
これは筋力アップが課題かなー。


   ++++++


とまれ、河口湖周回コース快適でした。
快晴で極上の霊峰富士の絶景と紅葉。
富士急ハイランド横の温泉ランドもこれまた極楽でして・・・。



100キロだと6周するんだけど、同じポイントで周回のたびに表情を変える霊峰が実にすばらしいのだぜ。
トレを忘れて眺めていたいジレンマ。



そんなわけでレースの結果にご期待ください。
がんばるぞ。

自転車乗りのみなさん。
会場でお会いしましょう。

真っ赤な鉄製のピナレロは多分俺しかいないです。
声かけてくださいね。





   +++++++




はい、そんなわけでライブ情報。


11/26 @渋谷ルミネマン インストアイベント

先日CDをリリースしましたInnocrossingでの出演。
渋谷のタワーレコードの横です。18時ごろからの予定。
CD即売あります。


12/10 浅草ジャズコンテスト2011

詳しくは昨日のブログを見てね。



12/19 新大久保Blue

いつものハコバンです。
Music Charge無料ですのでお気軽にどうぞ。

  1. 2011/11/18(金) 00:47:45|
  2. bike&triathlon|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

浅草ジャズコンテストに出るだぞ

2011.11.16 Wed

どもどもです。

冬でも冷やし中華を食いたいと思うんですよ。おれぁ。

否、夏だけだからありがたみがあるのでしょうかね。
会えないもどかしさや切なさが冷やし中華のそこはかとない魅力となっているのでしょうか?
まるで織姫さまと彦星さまのように・・・。


・・・なんてことをトゥイラーに呟いたら、同じ意見の友人たちがすっごい食いついてきて笑っちゃいました。

わはははははは。


   +++++


さて、実はですね、先日CDを出しましたバンド、Innocrossingで

浅草ジャズコンテスト2011に出場します。


http://www.city.taito.lg.jp/index/event/kanko/h31asakusajazzcon.html


全国から予選を勝ち抜いた強豪バンドが集い、競い合うコンテスト。だそうですよ。

われわれもオーディション通りまして、晴れて本戦出場と相成りました。
ぜひ応援にいらしてください。



日時:平成23年12月10日(土曜日) 15:00〜20:00
会場:浅草公会堂
ゲスト出演:寺地美穂(As)、小林ゆうこ、甲南ブラスアンサンブル
入場料:前売り券1500円 当日券2000円(いずれも全席自由)
チケット販売場所:チケットぴあ(0570-02-9999/Pコード150-656)※サークルK、サンクスの「チケットぴあ」コーナーでも購入できます。
東京文化会館チケットサービス(03-5685-0650)
浅草文化観光センター、浅草公会堂、台東区役所9階2番にぎわい計画課、台東区芸術文化財団事務局




派手に横断幕でも作って、のどじまん並みに応援してよ!
優勝したらみんなに一杯おごるぜ!!


  1. 2011/11/16(水) 21:20:21|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

CD発売

2011.11.14 Mon




どもどもです。
手前ミソで恐縮なのですが宣伝させてください。

ぼくが参加するInnocrossingの1stアルバムがラルゴフォンレーベルより発売になりました。
全曲オリジナル。平子は全曲に参加。
ぼくの書いた曲も2曲収録です。

1. Urban Landscape
2. Torpedo News
3. I'll never Know
4. Not anyone
5. Kirin

guitar: 中田高弘
piano: 高山伸理
bass: 坂本剛士
drums: 山本亮
saxophone: 平子健介


amazon、ディスクユニオンでも買えます。
http://www.amazon.co.jp/Push-Ones-Way-Innocrossing/dp/B006262IMO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1320644457&sr=8-1

もちろんライブなどで直接お買い求めいただけます。
(できたら直接買ってね!)


試聴はYoutubeからできます。
Torpedo と Kirinはぼくが書いた曲です。てへへ。


■Not anyone
http://www.youtube.com/watch?v=sLuPgrx8FeU

■I'll never know
http://www.youtube.com/watch?v=HMgdzHT6PQs

■Torpedo News
http://www.youtube.com/watch?v=Wl7_i_BBYfQ

■Kirin
http://www.youtube.com/watch?v=tsjGLuXI1_M

■Urban Landscape
http://www.youtube.com/watch?v=xXGW5DZBn_E


   ++++


まぁ、自分自身の演奏の出来不出来については言いますまい。
これは贅沢いったらキリがないからねー。ジャズだし。
現状のぼくの精一杯ですわ。うはははは。


ずっと温めていたすごく思い入れのある、ぼくの書いた曲を録音してこうして形にできたことがとてもうれしいのです。
メンバーのみんな。本当にありがとう。
こんな機会を与えてくれて、中田君、ほんとにありがとう。


ライブにぜひ足を運んで、生で聴いて、もし良かったら買ってください。
きっと子犬並みにうれションします。


  1. 2011/11/14(月) 14:28:25|
  2. 音楽雑記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

Category


twitter

TweetsWind

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Recent Entries

Recent Trackbacks

Archives

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約